大内の家(コンクリート打放しのある家)
外観は深い軒と水平ラインを強調したデザインです。離れはコンクリート打ち放し仕上げとしています。クライアントからオーダーされたものはコンクリート打放し。母屋は木造としつつもリビングにはコンクリート打放しのデザイン壁とし、中庭を挟んだ、離れのゲストルームは外部を杉板浮造り型枠、内部は化粧型枠とした鉄筋コンクリート造を実現しています。北欧の照明器具や家具にも拘りを持ちご提案させていただきました。夕刻以降に訪れるこの建物は暖かな光を周囲に照らしてくれています。
外観(夕景)
深い軒と水平ラインを強調した外観。

Houzz で見る